日本バスケットボール協会(JBA)は6月15日、 「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」のWindow3に向け、直前合宿に参加する男子日本代表21名を発表した。

 2021−22レギュラーシーズンMVPを受賞した藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース)をはじめ、古川孝敏(秋田ノーザンハピネッツ)やエヴァンスルーク(ファイティングイーグルス名古屋)、西田優大(シーホース三河)などがメンバー入り。吉井裕鷹(アルバルク東京)、富永啓生(ネブラスカ大学)、河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)といった若手も名を連ねた。

 オーストラリアで行われるWindow3では、7月1日にオーストラリア代表、3日にチャイニーズ・タイペイ代表と対戦。各試合の最終メンバー12名は、各試合前日までに開催されるFIBAテクニカルミーティングでの承認を経て決定する。

■2022年度バスケットボール男子日本代表チーム「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」Window3 直前合宿参加メンバーリスト 21名
古川孝敏(SF/190センチ/秋田ノーザンハピネッツ)
谷口大智(PF/201センチ/茨城ロボッツ)
エヴァンスルーク(C/203センチ/ファイティングイーグルス名古屋)
永吉佑也(PF/198センチ/京都ハンナリーズ)※
藤井祐眞(PG/178センチ/川崎ブレイブサンダース)
須田侑太郎(SG/190センチ/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
張本天傑(PF/198センチ/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
野本建吾(PF/201センチ/群馬クレインサンダーズ)
佐藤卓磨(SF/197センチ/千葉ジェッツ)
齋藤拓実(PG/172センチ/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
フリッピンコー(SG/188センチ/琉球ゴールデンキングス)
小島エリエット海(PF/198センチ/大阪エヴェッサ)
ラシードファラーズ(C/202センチ/千葉ジェッツ)
吉井裕鷹(SF/196センチ/アルバルク東京)
川真田紘也(C/202センチ/滋賀レイクスターズ)
小酒部泰暉(SG/187センチ/アルバルク東京)
テーブス海(PG/188センチ/宇都宮ブレックス)※
西田優大(SG/190センチ/シーホース三河)
井上宗一郎(PF/201センチ/サンロッカーズ渋谷)
富永啓生(SG/188センチ/ネブラスカ大学)
河村勇輝(PG/172センチ/横浜ビー・コルセアーズ
※6月30日までの所属チーム