群馬クレインサンダーズは16日、山崎稜との契約が基本合意に達したと発表した。

 埼玉県出身で現在29歳の同選手は、183センチ80キロのシューティングガード。2013年に埼玉ブロンコスへ入団し、富山グラウジーズや宇都宮ブレックスなどを経て2020年に群馬へ加入した。今シーズンは55試合の出場で408得点(平均7.4得点)89アシスト(同1.6アシスト)を記録した。

 山崎は発表にあたり、クラブを通じて「群馬で3シーズン目を迎えられたこと、そしてブースターの皆さんにまたお会いできることをうれしく思います。新シーズンもCS進出を目指して頑張りますので、引き続きご声援よろしくお願いします!」と語っている。