6月17日、滋賀レイクスターズはエリック・マクリーと2022−23シーズンの選手契約が合意したことを発表した。

 アメリカ出身で現在28歳の同選手は、202センチ103キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。ルイジアナ工科大学を卒業後、2017−18シーズンはNBAのGリーグで主にプレーすると、シーズン途中にはユタ・ジャズでも4試合に出場を果たした。その後はイタリア、フランス、デンマーク、ギリシャ、トルコといったヨーロッパ各国の1部リーグを渡り歩いた。

 今回の発表に際し、マクリーはクラブ公式HPを通して「滋賀レイクスターズの一員になれることを大変うれしく思っております。クラブや日本のバスケットボールが素晴らしいということは聞いていてました。新しいチームメート、スタッフ、そしてブースターの皆さまにお会いできる日を楽しみにしています!」とコメント。

 また、同クラブのルイス・ギルヘッドコーチは、「マクリー選手はさまざまなポジションをこなし、我々のチームにフィジカルやタレントを加えてくれるでしょう。シュートも上手で、彼にボールを持たせたら多くの場面でアドバンテージを多く生み出してくれる選手です。彼の加入により、ボールシェアをして速いバスケットをするという我々のフィロソフィーを今まで以上に体現できると思っています」と期待を寄せた。

【動画】マクリーのユタ・ジャズ時代のハイライト!