6月24日(現地時間23日)。ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで、NBAドラフト2022が開催された。

 ここでは、2巡目全体31位から58位までに指名された28選手と、この日合意と報じられたトレードを紹介していこう。
※以降チーム名は略称、順位は全体指名順位、G=ガード、F=フォワード、C=センター

◆【NBAドラフト2022】2巡目指名選手一覧

31位:ペイサーズ→アンドリュー・ネムハード(ゴンザガ大/G)
32位:マジック→ケイレブ・ヒューストン(ミシガン大/G-F)
33位:ラプターズ→クリスチャン・コロコ(アリゾナ大/C)
34位:サンダー→ジェイリン・ウィリアムズ(アーカンソー大/F)
35位:レイカーズ(←マジック)→マックス・クリスティー(ミシガン・ステイト大/G)
36位:ブレイザーズ→ガブリエレ・プロチダ(フォルティトゥード・ボローニャ【イタリア】/G-F)
37位:キングス→ジェイデン・ハーディー(NBA Gリーグ・イグナイト/G)
38位:スパーズ→ケネディー・チャンドラー(テネシー大/G)
39位:キャバリアーズ→カリーファ・ジョップ(グラン・カナリア【スペイン】/C)
40位:ウルブズ→ブライス・マギャウウェンズ(ネブラスカ大/G-F)
41位:ペリカンズ→EJ・リデル(オハイオ・ステイト大/F)
42位:ニックス→トレバー・キールズ(デューク大/G)
43位:クリッパーズ→ムサ・ディアバテ(ミシガン大/F-C)
44位:ホークス→ライアン・ロリンズ(トレド大/G)
45位:ホーネッツ→ジョシュ・マイノット(メンフィス大/F)
46位:ピストンズ→イスマエル・カマガテ(パリ・バスケットボール【フランス】/C)
47位:グリズリーズ→ビンス・ウィリアムズJr.(バージニア・コモンウェルス大/F)
48位:ウルブズ→ケンダル・ブラウン(ベイラー大/G-F)
49位:キャバリアーズ(←キングス)→アイザイア・モーブリー(サザンカリフォルニア大/F)
50位:ウルブズ→マッテオ・スパニョーロ(バノリ・クレモナ【イタリア】/G)
51位:ウォリアーズ→タイリース・マーティン(コネティカット大/G)
52位:ペリカンズ→カルロ・マトコビッチ(メガ・バスケット【セルビア】/F-C)
53位:セルティックス→JD・デイビソン(アラバマ大/G)
54位:ウィザーズ→ヤニック・エンゾーサ(ウニカハ・マラガ【スペイン】/C)
55位:ウォリアーズ→ギー・サントス(ミナス【ブラジル】/F)
56位:キャバリアーズ→ルーク・トラバーズ(NBLパース・ワイルドキャッツ/G)
57位:ブレイザーズ→ジャバリ・ウォーカー(コロラド大/F)
58位:ペイサーズ→ユーゴ・ベソン(NBLニュージーランド・ブレーカーズ/G)
※ブルズとヒートの2巡目指名権は、FA交渉時の規則違反のためはく奪

◆【NBAドラフト2022】当日に合意と報じられたトレード一覧

<ホーネッツとウルブズ>
■ホーネッツ獲得
40位指名のブライス・マギャウウェンズ(ネブラスカ大/G-F)

■ウルブズ獲得
45位指名のジョシュ・マイノット(メンフィス大/F)
2023年の2巡目指名権(←ニックス)

<キングスとマーベリックス>
■キングス獲得
2024年の2巡目指名権
2028年の2巡目指名権

■マーベリックス獲得
37位指名のジェイデン・ハーディー(NBA Gリーグ・イグナイト/G)

<ピストンズ、ホーネッツ、ニックスの3チーム間>
■ピストンズ獲得
13位指名のジェイレン・デューレン(メンフィス大/C)
ケンバ・ウォーカー

■ホーネッツ獲得
2023年1巡目指名権
2023年2巡目指名権3本(←ニックス、ジャズ経由含む)
2024年2巡目指名権(←ニックス)

■ニックス獲得
将来の1巡目指名権

<シクサーズとグリズリーズ>
■シクサーズ獲得
ディアンソニー・メルトン

■グリズリーズ獲得
ダニー・グリーン
23位指名のデイビッド・ロディー(コロラド・ステイト大/F)

<ニックスとサンダー>
■ニックス獲得
将来のドラフト1巡目指名権3本

■サンダー獲得
11位指名のウスマン・ジェン(NBLニュージーランド・ブレーカーズ/F)

<レイカーズとマジック>
■レイカーズ獲得
今年の2巡目全体35位指名権

■マジック獲得
2028年のドラフト2巡目指名権(←レイカーズまたはウィザーズの指名順位が高い方)
現金

<キャバリアーズとキングス>
■キャバリアーズ獲得
今年の2巡目全体49位指名権

■キングス獲得
Aleksandar Vezenkovのドラフト権
現金