横浜ビー・コルセアーズは24日、2022−23シーズンのチームスタッフ体制を発表した。

 今シーズンチームの指揮を執った青木勇人ヘッドコーチは続投が決定。22勝35敗で東地区8位という成績を残した青木HCは、発表に際し「ビーコルがバスケットボールを通して、さらに地域や皆さまの生活に無くてはならないクラブへと成長できるよう、取り組んでいきます。新たなシーズンも皆さんとともに戦えることを楽しみにしています」とコメントしている。

 また、2019年から2022年までアルバルク東京に在籍したイゴア・ジャレティッチ氏のアシスタントコーチ就任も発表。ジャレティッチ氏は就任に際し、「選手・チームスタッフとともに、最高の成績を目指して一生懸命取り組みます。素晴らしいファン・ブースターの皆さまの前で戦うことを楽しみにしています」と意気込みを語った。

 なお、竹田謙ゼネラルマネージャーや山田謙治アシスタントコーチ兼アシスタントゼネラルマネジャーは引き続き同職を務める。

■横浜ビー・コルセアーズ 2022−23シーズンチームスタッフ
ゼネラルマネージャー:竹田謙
ヘッドコーチ:青木勇人
アシスタントコーチ:イゴア・ジャレティッチ ★新規
アシスタントコーチ兼アシスタントゼネラルマネージャー:山田謙治
アナリスト:伊藤大樹 ★新規
通訳:山沢健人
ストレングス&コンディショニングコーチ:藤田基弘
ヘッドアスレティックトレーナー:米田健 ★新規
アスレティックトレーナー:宮川楓
マネージャー:中村仁美
マネージャー:薄井麻鈴