島根スサノオマジックは24日、阿部諒と2022−23シーズンの契約を結んだと発表した。

 千葉県出身で現在27歳の阿部は、183センチ77キロのシューティングガード。2017年に拓殖大学からサンロッカーズ渋谷へ入団し、翌年島根へ移籍した。

 今シーズンは25試合の先発を含む55試合の出場で259得点(平均4.7得点)126リバウンド(同2.3リバウンド)を記録し、チーム史上初のチャンピオンシップ出場に貢献したが、シーズン終了後自由交渉選手リストへ公示されていた。

 阿部は発表に際し、クラブを通じて以下のとおりコメントしている。

「今シーズンは皆様の応援のおかげで初めてのCSを経験することができ、感謝の気持ちでいっぱいです。新シーズンも島根スサノオマジックの一員としてプレー出来ることに大変うれしく思います。

 今シーズン以上の結果が出せるように僕自身もさらなる飛躍ができるように日々精進していきますので、応援よろしくお願いします! 島根スサノオマジックに関わるすべての皆様の前でプレー出来るのを楽しみにしてます! 健康第一でまた10月、松江市総合体育館でお会いしましょう!!」