スコッティ・ピペンの息子であるスコッティ・ピペンJr.が、ロサンゼルス・レイカーズと2ウェイ契約を結んだようだ。『The Athletic』など複数のメディアが報じている。

 現在21歳のピペンJr.は、192センチ84キロのガード。シエラ・キャニオンスクールではマービン・バグリー3世(デトロイト・ピストンズ)と共闘し、カリフォルニア州大会優勝など実績を残した。

 大学は複数のオファーを受けた中、テネシー州のヴァンダービルド大学へ進学。2021−22シーズンは36試合の出場で平均33.1分20.4得点3.6リバウンド4.5アシストとチームをけん引する活躍を披露し、2022年のNBAドラフトへエントリーしたが、指名されなかった。

 また、シャキール・オニールの息子であるシャリーフ・オニールはレイカーズでサマーリーグに出場するとのこと。NBAのレジェンドを父に持つ息子たちは、果たして正式契約を勝ち取ることができるのだろうか。今後の活躍に注目したい。