新潟アルビレックスBBは6月24日、ロスコ・アレンがハンガリー代表として「FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 ヨーロッパ地区予選」に参加することを発表した。

 アレンは208センチ100キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。2018−19シーズンに島根スサノオマジックで日本のキャリアをスタートさせ、翌シーズンは群馬クレインサンダーズでプレーした。2020−21シーズンに新潟へ加入すると、2021−22シーズンは44試合の出場で806得点(1試合平均18.3得点)380リバウンド(同8.6リバウンド)156アシスト(同3.6アシスト)をマーク。2日、来シーズンの契約合意が発表された。

 2月に行われたヨーロッパ地区予選の2試合にも出場。平均29分のプレータイムで平均7.5得点3.5リバウンド1アシスト1スティール1ブロックの活躍を見せた。

 ハンガリー代表は現地時間1日18時からポルトガル代表、同4日20時30分からフランス代表と対戦する。