千葉ジェッツは24日、荒尾岳と2022−23シーズンの契約が合意に至ったと発表した。背番号は「25」に決定している。

 富山県出身で現在35歳の同選手は、198センチ105キロのパワーフォワード。2009年に青山学院大学からトヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)へ入団し、2013年に千葉へ加入した。

 千葉で5シーズンプレーしたのち、2018年に滋賀レイクスターズへ移籍。広島ドラゴンフライズを経て今シーズンは仙台89ERSに所属し、44試合の出場に出場した。また、B2プレーオフでは2試合の先発を含む5試合に出場し、B1昇格へ貢献した。

 荒尾は千葉復帰に際し、クラブを通じて以下のとおりコメントしている。

「千葉ジェッツブースターの皆さん、お久しぶりです。そして初めまして! この度、4シーズンぶりに加入することになりました荒尾岳です。このような機会を与えてくださった千葉ジェッツに本当に感謝しています。

 今シーズン大きな変化がある中で、目標に向かってどんな小さなことでもいいのでチームの力になり貢献したいと思っています。

 皆さんに会えるのを楽しみにしてます! よろしくお願いします!」