NBAの2021−22シーズンは、ゴールデンステイト・ウォリアーズが4年ぶり通算7度目の優勝を飾って幕を下ろした。

 6月24日(現地時間23日、日付は以下同)に今年のドラフトが終わったことで、今後は来シーズンに向けたフリーエージェント(FA)戦線や来季で4年目を迎えるルーキー契約期間中の若手たちの延長契約、戦力増強のためのトレードが繰り広げられるオフシーズンを迎えることとなる。

 現時点で発表されているオフシーズンの主なスケジュールは下記のとおり。FAの争奪戦やトレード、思わぬ移籍も予想されるなか、今年のドラフトで指名された選手たちがデビューするサマーリーグも気になるところだ。
※日付はいずれも日本時間、チーム名は略称、日程の参照元は『NBA.com』と『ESPN』

◆NBA 2022−23 SEASON KEY DATES

6月30日
チームオプション、プレーヤーオプションの行使か破棄の締め切り
選手側がクォリファイングオファーを受け取るか否かの締め切り

7月1日
フリーエージェントの選手との交渉開始

7月2日
フリーエージェンシー モラトリアム(契約合意になっても正式契約とはならない)
今年のドラフト1巡目指名選手との契約開始
キャリア2年以下の選手たちは最低年俸で契約可
制限付きフリーエージェントの選手がオファーシートへサイン可
ルーキー契約下にいる選手の3、4年目のチームオプション行使が可

7月3、4日
カリフォルニア・クラシック・サマーリーグ
→レイカーズ、ヒート、キングス、ウォリアーズが参戦予定

7月6〜8日
ソルトレイクシティ・サマーリーグ
→グリズリーズ、サンダー、シクサーズ、ジャズが参戦予定

7月7日
フリーエージェントとの契約開始
合意と報じられてきたトレードやFA移籍が正式に成立開始
ルーキースケール、ベテランとしての契約を結ぶ選手たちの延長契約が可

7月8〜18日
サマーリーグ(ラスベガス)
→全30チームが参戦予定

7月14日
クォリファイングオファー撤回の最終日

10月5日
トレーニングキャンプ開始

10月16日
無保障契約の選手たちをウェイブ(放出)する最終日

10月18日
オフシーズン最終日
ルーキースケール、ベテランの延長契約の最終日
全チームは本契約を結ぶロースターを15名へ(2ウェイ契約2名は除く)

11月1日
所属チームでルーキー契約を結ぶ選手たちの3、4年目のチームオプション行使の最終日

【動画】NBAファイナルの名場面集はこちら!