島根スサノオマジックは29日、ペリン・ビュフォードとの契約継続を発表した。

 アメリカ出身で現在28歳の同選手は、198センチ100キロのスモールフォワード。2016年にイタリアでプロデビューし、オーストラリアやスペインなどを経て2020年に島根へ入団した。

 在籍2年目の今シーズンは、レギュラーシーズン50試合の出場で991得点(平均19.8得点)392リバウンド(同7.8リバウンド)301アシスト(同6.0アシスト)を記録し、チーム史上初のチャンピオンシップ(CS)出場に大きく貢献。CSでは全5試合に先発出場した。

 ビュフォードは発表に際し、クラブを通じて以下のとおりコメントしている。

「新シーズン、大変楽しみにしております。私が再び島根に戻り3シーズン目を迎えることができるのは、このクラブとクラブを支えてくれる皆さまがどれだけ素晴らしいかをあらわしています。

 私はこの夏のオフシーズンを利用して、更なるハイレベルな戦いに備えて身体をとてもハードに鍛え上げています。来たるシーズン、よく知る皆さまとの再会、そして新たな出会いを楽しみにしております。

 とても楽しく、エキサイティングなシーズンになるでしょう」