島根スサノオマジックは30日、金丸晃輔との契約が満了となり、退団すると発表した。

 福岡県出身で現在33歳の同選手は、192センチ88キロのシューティングガード兼スモールフォワード。2011年に明治大学からパナソニックトライアンズへ入団し、シーホース三河を経て2021年に島根へ加入した。

 在籍初年度の今シーズンは、33試合の先発を含む45試合の出場で499得点(平均11.1得点)、3ポイントシュート成功率40.6パーセントを記録したが、シーズン終了後島根との契約解除が発表されていた。

 金丸は退団に際し、クラブを通じて以下のとおりコメントしている。

「1シーズンという短い間でしたが、チームを退団することになりました。ファンの皆さんの前でプレーできて本当に良かったです。

 開幕戦でのあの会場の雰囲気、大歓声は忘れることはありません。本当にありがとうございました。また会場でお会いしましょう」