信州ブレイブウォリアーズは30日、2022−23シーズンのチームスタッフ体制を発表した。

 勝久マイケルヘッドコーチは来シーズンも指揮することが決定した。同HCは2011年に横浜ビー・コルセアーズのアシスタントコーチに就任し、大阪エヴェッサや島根スサノオマジック、栃木ブレックス(現宇都宮ブレックス)を経て2018年に信州の指揮官となった。

 今シーズンは28勝26敗で西地区5位という成績を残したほか、天皇杯ではベスト6進出へ導いた。

 そのほか、久山智士トップアシスタントコーチの続投も決定。今シーズンをもって現役を引退することとなった井上裕介がアシスタントコーチへ就任することとなった。