「皆さんはじめまして!
2021-22シーズンのNBA王者🏆
ゴールデンステイト・ウォリアーズです🏀」

 7月18日の午前8時。昨季NBAを制したゴールデンステイト・ウォリアーズの日本語公式ツイッターアカウントが開設され、初投稿には上記のメッセージと共にクレイ・トンプソンが登場。

「コンニチハ! 日本のファンの皆さん。ウォリアーズの日本語公式Twitterが開設されたことを本当に嬉しく思います。このアカウントをフォローして、ここだけのコンテンツを楽しんでください。アリガトウ」

 ステフィン・カリー、トンプソン、ドレイモンド・グリーンという強固な3本柱を擁するウォリアーズは、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)の下、ここ8年間で4度目のNBAチャンピオンとなった。

 昨季覇権奪回に成功したことで、ウォリアーズはシカゴ・ブルズ(6度)を抜き、ボストン・セルティックスとロサンゼルス・レイカーズ(いずれも17度)に次いでNBA史上単独3位となる7度目の王者に。

 そしてウォリアーズは9月30日と10月2日にさいたまスーパーアリーナで「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten」と題し、ワシントン・ウィザーズとプレシーズンゲームを2試合行なうこととなる。

 だがウォリアーズはこの日本語公式アカウントはジャパンゲームズのためだけに開設したのではなく、「このアカウントは #NBAJapanGames の期間もその後も、日本のファンの皆さんが充実した日々を送るための手助けになれるよう存在し続けます。今後のツイートもお楽しみに」とツイートしている。

 世界最高のプロバスケットボールリーグにおいて、ウォリアーズはこの10年間で最も成功を収めている球団と言っても過言ではない。そんなチームが日本語公式アカウントを開設してくれたことで、今後は選手たちやカーHC、あるいは球団関係者たちによる独自コンテンツを提供してくれることだろう。

 フォロワー数は18日の17時12分の時点で9134人。もしまだフォローしていなければ、是非ともフォローしてウォリアーズが今後提供してくれるコンテンツを楽しんでいただきたい。