7月19日(現地時間18日、日付は以下同)。NBAは8日から18日にかけてラスベガスで開催された「NBA 2K23 サマーリーグ」のMVPにキーガン・マレー(サクラメント・キングス)が選ばれたと発表した。

 そして2022オールサマーリーグファーストチーム、2022オールサマーリーグセカンドチームとして計10選手が名を連ねた。
※以降チーム名は略称、選手の並びはファミリーネームのアルファベット順

◆2022オールサマーリーグチーム

■ファーストチーム
タリ・イーソン(ロケッツ)
クエンティン・グライムズ(ニックス)
サンドロ・マムケラシュビリ(バックス)
キーガン・マレー(キングス)
キャム・トーマス(ネッツ)

■セカンドチーム
サンティ・アルダマ(グリズリーズ)
ベネディクト・マサリン(ペイサーズ)
マルコ・シモノビッチ(ブルズ)
トレンドン・ワットフォード(ブレイザーズ)
リンデル・ウィギントン(バックス)

◆今年のドラフト組3選手、2年目を迎えた7選手が選出

 今年のドラフト組で見てみると、ファーストチームではイーソンが1巡目17位、マレーが同4位、セカンドチームではマサリンが同6位でそれぞれ指名されている。

 マジックから全体1位指名されたパオロ・バンケロもサマーリーグへ出場していたものの、2試合の出場ですでに実力を証明したこともあってコートから去っていた。

 そのほかでこのオールサマーリーグチームに選ばれたのは、いずれも今季でNBAキャリア2シーズン目を迎えた選手たち。今夏の経験を糧に、トレーニングキャンプやプレシーズンでアピールし、昨季以上の実績を残すことができるか注目していきたい。

【動画】サマーリーグのチャンピオンシップMVPに選ばれたワットフォードの好プレー集!