7月21日にインドネシアのジャカルタで「FIBAアジアカップ2022」の準々決勝が行われ、男子日本代表(FIBAランキング38位)がオーストラリア代表(同3位)と対戦した。

 日本は19日のフィリピン代表(同34位)で負傷した渡邊雄太に代わって張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)が先発で起用され、富樫勇樹(千葉ジェッツ)、西田優大(シーホース三河)、須田侑太郎(名古屋D)、エヴァンスルーク(ファイティングイーグルス名古屋)とともにスターティングファイブを務めた。

 試合開始約1分に富樫が同点の3ポイントシュートを決めたあと、0−12のランを献上。井上宗一郎(サンロッカーズ渋谷)の得点で流れを切ると、吉井裕鷹(アルバルク東京)のレイアップ、河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)のアシストから生まれた富永啓生(ネブラスカ大学)の3ポイント3本で追い上げた。さらに、終了のブザーと同時に河村も長距離砲を成功。22−33で最初の10分間を終えた。

 第2クォーターは開始から相手の得点が止まると、富永の“3点プレー”、吉井の3ポイントで6−0のラン。一時1ケタ点差まで詰め寄ったものの、高さのあるインサイドに攻守両面で苦しみ、34−49でハーフタイムに突入した。

 第3クォーターは点を取り合う展開となり、富永に加え、富樫、西田、佐藤卓磨(千葉)が3ポイントで応戦。追い上げる時間もあったが、中盤以降は相手のペースとなり、54−75と点差を広げられた。

 張本のダンクで始まった第4クォーターは、開始1分15秒から富樫の2連続3ポイントで62−77。さらに、富永、須田も続き、12点差まで詰め寄ると、井上の長距離砲で一気に9点差まで追い上げた。それでも、85−99で敗戦。ベスト8でアジアカップを終えることになった。

 富永が8本の3ポイントを含む33得点の大暴れを見せたほか、富樫が14得点、井上が11得点を記録した。

■試合結果
日本 85−99 オーストラリア(@ジャカルタ)
JPN|22|12|20|31|=85
AUS|33|16|26|24|=99

【動画】張本が“吠えた” 豪快ダンク