現地時間7月25日。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、ブルックリン・ネッツへトレードを要求したケビン・デュラントの争奪戦に新たなチームが参戦していると報じた。

 7月1日(現地時間6月30日)にトレード要求と報じられたデュラントは、言わずと知れた実力者。12度のオールスター、10度のオールNBAチーム入りを果たしている33歳は、新人王や4度の得点王、シーズンMVP(2014年)を獲得。

 ゴールデンステイト・ウォリアーズ在籍時の17、18年には2連覇を達成し、ファイナルMVPに2度選ばれており、昨年には75周年記念チームにも名を連ねた将来の殿堂入りが確実なスーパースターである。

 同メディアによると、マイアミ・ヒート、フェニックス・サンズ、トロント・ラプターズと共に、ボストン・セルティックスもデュラントのトレードに関してコンタクトをとっているという。

 セルティックスは昨季イースタン・カンファレンスを勝ち上がり、2010年以来初のNBAファイナル進出を飾った名門。ウォリアーズに2勝4敗で敗れたことで優勝を逃すと、今オフにトレードでマルコム・ブログドン、フリーエージェント(FA)でダニーロ・ガリナーリを獲得していた。

 ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、マーカス・スマート、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世という先発陣に加え、昨季のファイナルでローテーション入りしていたデリック・ホワイト、グラント・ウィリアムズ、ペイトン・プリチャードも残っており、十分優勝を狙える戦力を有している。

 だが『ESPN』によるとセルティックスはデュラント獲得のトレード要員としてブラウンとプロテクトなしのドラフト1巡目指名権3本(2025、27、29年)と交換権(24、26年)をパッケージとして提示。

 『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者はセルティックス側がブラウンとホワイト、ドラフト指名権をオファーするも、ネッツに断られてしまい、ブラウン、スマート、複数のドラフト指名権にローテーションプレーヤーもう1人を求めてきたと報じている。

 デュラントには残り4シーズンで約1億9800万ドル(約269億2800万円)という超巨額契約が残っている。33歳のベテランスコアラーを獲得するためには複数の主力とドラフト指名権が必要で、移籍先のチームはロースターが大幅に変わる可能性があるため、まだまだトレード合意に向けた話し合いが続くことになるかもしれない。