7月28日(現地時間27日)。フィラデルフィア・セブンティシクサーズがジェームズ・ハーデンと再契約を結んだことを正式に発表した。

 チーム側から契約の詳細は明かされていないものの、先週『ESPN』が2年6860万ドル(約93億2960万円)で、来季はプレーヤーオプションになると報じている。

 昨季途中にブルックリン・ネッツからトレードでシクサーズへ加入したハーデンは、今季契約(プレーヤーオプション)を破棄して制限なしフリーエージェント(FA)となり、サラリー減額で再契約を締結。

 ハーデンは「このチームこそ、私がいたい場所であり、勝ちたい場所です。このチームにはそのゴールを成し遂げるためのピースがそろっていると思っています。シクサーズという球団に加わった初日から、チームとファンは私にここフィラデルフィアがホームなんだと感じられるようにと助けてくれました。昨シーズンのチームを作り直し、このチームの皆とコートへ立ってこの旅路をスタートさせることが待ち切れません」とリリースの中で話し、シクサーズ在籍2シーズン目に大きな期待を寄せていた。

 今季の予想スターターはバックコートにタイリース・マクシーとハーデン、フロントコートにはジョエル・エンビード、トバイアス・ハリス、新加入でヒューストン・ロケッツ時代の戦友PJ・タッカーという布陣。

 ベンチにはシェイク・ミルトン、フルカン・コルクマズ、トレードで加入したディアンソニー・メルトン、マティース・サイブル、ダヌエル・ハウスJr.、ジョージ・ニアン、ポール・リードが控えており、リーグ有数のロースターがそろった。

 昨季MVP級の活躍を見せたエンビードというリーグ最高級のビッグマンと元MVPハーデンを中心とした布陣で、今季シクサーズは1983年以来となる球団史上4度目の王座獲得を目指す。