京都ハンナリーズは28日、チェイク・ディアロと2022−23シーズンの選手契約が基本合意に達したと発表した。背番号は「31」に決定している。

 マリ共和国出身で現在25歳の同選手は206センチ104キロのパワーフォワード兼センターで、2016年のNBAドラフトでロサンゼルス・クリッパーズから2巡目全体33位指名を受けたが、トレードで交渉権がニューオーリンズ・ペリカンズに移動。ペリカンズへ入団した。

 ペリカンズで3シーズンプレーしたのち、2019年にフェニックス・サンズへ移籍するも1シーズンで解雇されてしまう。その後欧州のクラブやGリーグ、デトロイト・ピストンズなどでプレー。NBA通算183試合の出場で平均11.9分5.2得点4.1リバウンドを記録した。

 同選手は加入に際し、以下のとおりコメントしている。

「皆さん、チェイク・ディアロです。京都ハンナリーズと契約することが出来てとてもうれしく、エキサイトしています。

 この街にいる素晴らしい人々にお会いできることを楽しみにしています。

 私は勝者であることを望んでいますし、素晴らしいシーズンになることでしょう。京都ハンナリーズのファンの皆さん、ショータイムに乞うご期待ください。

 またすぐにお会いしましょう」