富山グラウジーズは3日、コーディ・デンプスと2022−23シーズンの選手契約が基本合意に達したと発表した。

 アメリカ出身で現在28歳の同選手は、195センチ88キロのポイントガード。2017年にNBAGリーグでプロデビューを果たし、サクラメント・キングスの傘下やGリーグイグナイトでプレーした。

 昨シーズンはイスラエルリーグのハポエル・ベエルシェバに所属し、24試合の出場で平均29.3分15.3得点4.0リバウンド2.4アシスト、3ポイントシュート成功率35.6パーセントを記録した。また、アメリカ代表に選出された経験を持っており、2020年のアメリカ選手権予選や2022年のワールドカップ予選に出場した。

 同選手は富山加入に際し、以下のとおりコメントしている。

「皆さんこんにちは! まずは、富山グラウジーズへ入団できることを光栄に思います。
 
 ファンの方々にお会いすることや、素晴らしいと聞いている日本の文化を体験するのが楽しみです。

 シーズンを迎えることが楽しみですし、それに向けて準備したいと思います」