2015−16シーズンにクリーブランド・キャバリアーズでNBA制覇を経験したイマン・シャンパートが、違法薬物所持の容疑で逮捕されたようだ。『TMZ』などが報じている。

 報道によると、シャンパートはダラス・フォートワース国際空港からロサンゼルスへ向かおうとしていたが、手荷物検査の際「緑の葉っぱのようなもの」が見つかったという。そのため検査員がシャンパートに問いただしたところ大麻であることを認め、逮捕されたとのこと。なお、シャンパートは約173グラムもの大麻を所持していたという。

 シャンパートは2011年のNBAドラフトにおいて、ニューヨーク・ニックスから1巡目全体17位指名を受けて入団。2014−15シーズン途中にキャバリアーズへ移籍し、翌シーズンにはNBA制覇を達成した。その後サクラメント・キングスやヒューストン・ロケッツ、ブルックリン・ネッツでプレーしたが、2021年以降はNBAから離れ、ダンサーとして活動している。