2シーズン連続でシーズンMVPに選ばれたニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が、8月のワールドカップ予選と9月のユーロバスケットへ出場するようだ。『Eurohoops』などが報じている。

 211センチ128キロのビッグマンである同選手は、昨シーズン74試合の出場で平均33.5分27.1得点13.8リバウンド7.9アシスト1.5スティールをマーク。ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)やヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)を抑え、2年連続でシーズンMVPに輝いた。

 同メディアによると、ヨキッチは「彼ら(代表メンバー)と再会することは素晴らしいこと」と話したといい、「今は準備しているところ。まずはワールドカップ予選でセルビアが出場できるようにするのが目標だ」と明かしたとのこと。
 
 ワールドカップヨーロッパ地区予選でグループIに所属するセルビア代表は、現在1勝3敗でグループ5位。8月25日にギリシャ代表、同28日にトルコ代表との対戦が控えている。

 また、ユーロバスケットではグループDに属し、オランダ、フィンランド、ポーランド、チェコ、イスラエルと対戦する予定。ヨキッチはヨーロッパの舞台でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。