8月4日、「三井不動産カップ2022(宮城大会)」に向けて強化合宿を行っている女子日本代表(FIBAランキング8位)の東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)がオンライン会見に応じた。

 9月22日からオーストラリアで開催される「FIBAワールドカップ2022」に向けて強化を行っている女子日本代表は、8月11日・12日にFIBAランキング24位のラトビア代表と対戦する。

 ゼビオアリーナ仙台で行われるラトビアとの「三井不動産カップ2022(宮城大会)」について東藤は、「5月のオーストラリア遠征と6月のトルコ戦を終えて、オフェンスでもディフェンスでも、もっとレベルアップできる部分があったと思うので、それを次の試合で出せるように成長して頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 6月に行われた「三井不動産カップ2022(千葉大会)」ではトルコ代表を相手に2連勝を飾り、東藤も2試合にスターターとして出場。自身の課題について聞かれると「自分の強みであるドライブなどを生かすために、3ポイントを積極的に確率良く決めていくことが今一番の課題です」と語った。

 日本屈指のシューターである林咲希(ENEOSサンフラワーズ)がケガにより代表へ不参加となっていることもあり、課題に挙げた3ポイントも自身の役割として求められていると明かした。「オーストラリア遠征前の合宿のときに、キキさん(林のコートネーム)みたいになろうと3ポイントを意識しすぎて、自分を見失うということを経験しました」。

 それでも、「カウンターバスケットを意識しながら、バランス良く3ポイントを打っていくことを、オーストラリア遠征で勉強できました」と話す東藤は、「キキさんはピュアシューターとして積極的に3ポイントを打っているので、そういうメンタルは持ちつつも自分の良さを忘れずに、キキさんの分までという気持ちを持ちながらやっています」と現在は林の穴を埋めるという気負いを抑え、自身のプレーを発揮できているようだ。

 東京オリンピックではチーム最年少として参加した現在21歳の東藤は、「先輩方からたくさんのことを学んで、それを後輩に受け継いでいかなければいけないなという責任感が生まれました。オリンピックを経験してゲームの運び方や気持ちの持ち方も成長したと思うので、そこを今後の試合にも生かしていきたいです」と経験を自身の成長に生かすだけでなく、貴重な経験を積んだという責任感を持って代表活動に臨んでいる。