8月4日、「三井不動産カップ2022(宮城大会)」に向けて強化合宿を行っている女子日本代表(FIBAランキング8位)の野口さくら(シャンソン化粧品シャンソンVマジック)がオンライン会見に応じた。

 9月22日からオーストラリアで開催される「FIBAワールドカップ2022」に向けて強化を行っている女子日本代表は、8月11日・12日にFIBAランキング24位のラトビア代表と対戦する。

 ゼビオアリーナ仙台で行われるラトビアとの「三井不動産カップ2022(宮城大会)」について野口は、「自分がこのチームで求められているのは、アグレッシブなディフェンスとスピードを生かしたドライブだと思うので、それをしっかりコート上で発揮できるようにしたいです」と意気込みを語った。

 6月に行われた「三井不動産カップ2022(千葉大会)」ではトルコ代表を相手に2連勝を飾り、野口は初戦で10分43秒のプレータイムを得ると、2得点1スティールをマーク。さらに、続く第2戦では9分2秒の出場で7得点1リバウンド3アシスト1スティールと存在感を示した。

 181センチのサイズを持つオールラウンダーは、「ラトビアに限らず、海外のチームは大きい選手が多いので、誰よりもリバウンドを取らせない気持ちを持ってやりたいと思います」と力強く語る。

 現在21歳の野口は、A代表に今年の5月に初招集されたばかりだが、「練習ゲームでは、普段の練習でやっていることにチャレンジしています。できないことをできるようになるために繰り返しやっているので、自分の身になっていることが多いと思います」と代表合宿での成長を実感しているようだ。