千葉ジェッツは、9月2・3日に「プレシーズンカップ2022 in ふなばし」を開催すると発表した。

 会場は千葉Jのホームアリーナである船橋アリーナで、群馬クレインサンダーズ、富山グラウジーズ、西宮ストークスが参戦。2日に群馬vs西宮、千葉Jvs富山が行われ、3日に決勝戦と3位決定戦が開催される。

 チケットは8月15日から順次発売される予定。バスケットLIVEでの配信を予定しているという。

 千葉Jはジョシュ・ダンカン、赤穂雷太、大宮宏正、藤永佳昭が退団。新戦力として荒尾岳とヴィック・ローが加わり、2シーズンぶりとなるBリーグ制覇を狙う。

 2年目のB1リーグを戦う群馬は、アルバルク東京で長らくトップアシスタントコーチを務めた水野宏太氏が新指揮官に就任。並里成と、ヨーロッパの名門で長らく活躍したケーレブ・ターズースキーを新戦力に加え、新シーズンを戦い抜く。

 富山は宇都直輝やジュリアン・マブンガら主力選手が退団したものの、大型ポイントガードのコーディ・デンプスや日本国籍を保有するファイサンバらを獲得。浜口炎HCのもと、上位進出を目指す。

 B2から唯一の参戦となった西宮は、昨シーズンまで福島ファイヤーボンズを率いた森山知広氏が新HCに就いた。B1でのプレー経験を持つ綱井勇介とダニエル・ミラーが新たに加わり、悲願のB1昇格を狙う。