8月11日(現地時間10日、日付は以下同)。オークションサイト『Sotheby’s』(以降、サザビーズ)は、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)が1998年のNBAファイナル第1戦で着用したユニフォームが9月にオークションへかけられることになると発表した。

 1990年代にブルズを2度の3連覇へ導き、ファイナルMVPに6度輝いたジョーダンは、言わずと知れたバスケットボール界のスーパースター。10度の得点王に5度のシーズンMVP、3度のスティール王、3度のオールスターMVPを手にし、オールスターには14度、オールNBAチームには11度、オールディフェンシブチームには9度も名を連ねてきた。

 ブルズ対ユタ・ジャズという2年連続の同カードとなった98年の頂上決戦。ブルズは敵地で迎えた初戦でジョーダンが33得点を挙げるもジャズに惜敗。だが翌第2戦から3連勝で一気に王手をかけ、第6戦で45得点と爆発したジョーダンが“ラストショット”でシリーズを締めくくり、4勝2敗で2度目の3連覇を達成。

 特に6度目の王座獲得となったこの97−98シーズンは、2020年に『ESPN』と『ネットフリックス』による共同制作ドキュメンタリー『The Last Dance』として公開されて世界中で話題となっただけに、落札価格にも注目が集まる。

 その予想落札価格は300万ドルから500万ドル(約3億9900万円から6億6500万円)。ジョーダン関連の記念品としては史上最高額となる見込みとなっている。

【動画】ブルズ時代にジョーダンが魅せた珠玉のハイライト集!