NBAのインスタグラム アカウント(@nba)は、8月15日の11時時点で7015万9813人と、世界中のバスケットボールファンからフォローされている。

 8月14日(現地時間13日)に『BASKETBALLNEWS.COM』のアレックス・ケネディー記者が報じたところによると、このフォロワー数はトップ10に入るものであり、NFL(フットボール/約2500万人)、MLB(野球/約890万人)、NHL(アイスホッケー/約550万人)の合計数をも上回っている。

 北米4大スポーツで最も多くのフォロワー数を誇るNBAは、昨年ソーシャルメディアにおいて240億回の閲覧回数、23億ものエンゲージメントを記録しており、いずれもプロスポーツとして最多。インスタグラムのアカウントでも、NBAは選手の写真やハイライト、好プレー集をまとめた動画などが投稿されており、絶大な支持を得ていると言えるだろう。

 もちろん、NBAの進化は止まらない。昨年だけで、ツイッター、フェイスブック、TikTok、YouTube、インスタグラムのフォロワー数を計1800万人も増やしており、アメリカのプロスポーツ界で最多を誇っている。

 なお、今年は2019年以来、3年ぶりにNBAジャパンゲームズが開催される。公式戦ではなくプレシーズンゲームながら、9月30日、10月2日にさいたまスーパーアリーナで行なわれる2試合は昨季覇者ゴールデンステイト・ウォリアーズと八村塁が所属するワシントン・ウィザーズという現時点における最高のカード。

 ウィザーズの日本語版公式ツイッターアカウントのフォロワー数は8万3529人、7月18日に本格始動したウォリアーズの日本語版公式ツイッターアカウントのフォロワー数も2万2552人(いずれも15日11時30分時点)とすでに2万人を超えており、充実のコンテンツを提供している。

 2022−23レギュラーシーズンの日程はまだ正式に発表されていないなか、早くも開幕戦やクリスマスゲームの対戦カードが報じられて大きな話題を呼んでいるだけに、これから先もNBAがSNSでファンを大いに楽しませてくれることだろう。

 そして開催まで50日を切った今年のジャパンゲームズに向けた両チームの動向からも目が離せない。

【動画】昨季展開されたトップ50ボールハンドリング集はこちら!