琉球ゴールデンキングスは16日、高橋快成(中京大学1年)と請舛楓(上武大学1年)がトップチームの練習に参加したと発表した。

 高橋は昨年行われたウインターカップへ富田高校の一員として出場。1回戦の松江西高校(島根県)戦で大会2位となる14アシストを記録するなど、大会を通じてアシストを量産し、その活躍が認められ岐阜スゥープスで特別指定選手としてプレーした。

 中京大学へ進学後、「全日本大学バスケットボール新人戦」で主力として活躍し、優秀選手賞とアシスト王を獲得。さらにU22日本代表候補へ選ばれるなど、今後の活躍が期待されている。

 請舛は琉球のホームタウンである沖縄市出身で、中体連引退後琉球U15の1期生として活動。その後桐生第一高校を経て現在上武大学でプレーしている。