日本バスケットボール協会は19日、「第98回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会」の実施要項を発表した。

 今大会は男子101チームが参戦。1次ラウンドは各都道府県代表の47チームが参戦し、2次ラウンドでB3リーグの16クラブ、3次ラウンドでB1リーグ22クラブとB2リーグ14クラブが加わる。なお、宇都宮ブレックスと琉球ゴールデンキングスはセミファイナルから出場する。

 4次ラウンド以降はB1上位クラブのホームアリーナで開催予定。ファイナルは3月12日に有明コロシアム(東京都江東区)で行われる。

■第98回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会 大会実施要項
≪1次ラウンド≫
出場47チーム/各都道府県代表
日程:2022年9月17日(土)〜18日(日)
※中日本大会は会場の都合により、9/18(日)〜19(月)開催
会場 : <東日本大会> 北海きたえーる(北海道札幌市)
<中日本大会> 岸和田市総合体育館(大阪府岸和田市)
<西日本大会> アミノバリューホール(徳島県鳴門市))

≪2次ラウンド≫
出場23チーム/1次ラウンド突破7チーム+B3リーグ16クラブ
日程:2022年9月23日(金・祝)〜9月25日(日)
会場:スカイホール豊田(愛知県豊田市)

≪3次ラウンド≫
出場40チーム/2次ラウンド突破4チーム
+B1リーグ22クラブ(B.LEAGUE 2021-22シーズン成績3位以下)
+B2リーグ14クラブ
日程:2022年10月29日(土)〜10月31日(月)
会場:①湿原の風アリーナ釧路(北海道釧路市)
②ホワイトリング(長野県長野市)
③津市産業・スポーツセンターサオリーナ(三重県津市)
④早水公園体育文化センター(宮崎県都城市)

≪4次ラウンド≫
出場8チーム/3次ラウンド突破8チーム
日程:2022年12月7日(水)
会場:4会場/4次ラウンド進出 B1上位クラブのホームエリア内アリーナ

≪クォーターファイナル(準々決勝)≫
出場 4チーム/4次ラウンド突破4チーム
日程:2023年1月4日(水)
会場:2会場/QF進出 B1クラブ上位クラブホームエリア内アリーナ

≪セミファイナル(準決勝)≫
出場4チーム/クォーターファイナル突破 2チーム
+B1リーグ 2クラブ(B.LEAGUE 2021-22シーズン成績1〜2位)
日程:2023年2月15日(水)
会場:2会場/2021-22シーズン B1 1・2位クラブのホームエリア内アリーナ

≪ファイナル(決勝)≫
出場2チーム/セミファイナル突破 2チーム
日程:2023年3月12日(日)
会場:有明コロシアム(東京都江東区)