NBAは10月19日(現地時間18日、日付は以下同)に2022−23レギュラーシーズンが幕を開け、イースタン・カンファレンス、ウェスタン・カンファレンスに所属する各15チーム、計30チームが約半年間をかけて82試合をこなしていく。

 ここでは、77シーズン目を迎えるNBA(前身のBAA時代を含む)の各フランチャイズにおいて、現役と歴代で最も長く在籍してきた選手たち(シーズン途中の加入、移籍は1シーズンと換算)を紹介していきたい。今回はウェスト編をお届けしていこう。
※掲載は本拠地のアルファベット順、現役は昨季終了時点の在籍年数(今夏移籍またはフリーエージェントの選手は除外)

◆各球団の現役・歴代最長在籍選手たち(ウェスト編)

■ダラス・マーベリックス
現役:ドワイト・パウエル(8シーズン)
歴代:ダーク・ノビツキー(21シーズン)

■デンバー・ナゲッツ
現役:ニコラ・ヨキッチ(7シーズン)
歴代:アレックス・イングリッシュ(11シーズン)

■ゴールデンステイト・ウォリアーズ
現役:ステフィン・カリー(13シーズン)
歴代:クリス・マリン(13シーズン)

■ヒューストン・ロケッツ
現役:エリック・ゴードン(6シーズン)
歴代:アキーム・オラジュワン(17シーズン)

■ロサンゼルス・クリッパーズ
現役:イビツァ・ズバッツ(4シーズン)
歴代:ディアンドレ・ジョーダン(10シーズン/現ナゲッツ)

■ロサンゼルス・レイカーズ
現役:レブロン・ジェームズ(4シーズン)
歴代:コービー・ブライアント(20シーズン)

■メンフィス・グリズリーズ
現役:ディロン・ブルックス(5シーズン)
歴代:マイク・コンリー(12シーズン/現ジャズ)

■ミネソタ・ティンバーウルブズ
現役:カール・アンソニー・タウンズ(7シーズン)
歴代:ケビン・ガーネット(14シーズン)

■ニューオーリンズ・ペリカンズ
現役:ブランドン・イングラム、ジャクソン・ヘイズ(3シーズン)
歴代:デイビッド・ウェスト(8シーズン)

■オクラホマシティ・サンダー
現役:シェイ・ギルジャス・アレクサンダーほか複数(3シーズン)
歴代:ニック・コリソン(14シーズン)

■フェニックス・サンズ
現役:デビン・ブッカー(7シーズン)
歴代:アルバン・アダムズ(13シーズン)

■ポートランド・トレイルブレイザーズ
現役:デイミアン・リラード(10シーズン)
歴代:クライド・ドレクスラー(12シーズン)

■サクラメント・キングス
現役:ディアロン・フォックス(5シーズン)
歴代:サム・レイシー(12シーズン)

■サンアントニオ・スパーズ
現役:ヤコブ・パートル(4シーズン)
歴代:ティム・ダンカン(19シーズン)

■ユタ・ジャズ
現役:マイク・コンリーほか複数(3シーズン)
歴代:ジョン・ストックトン(19シーズン)

【動画】コービーが現役時代に魅せた珠玉の75プレー集!