京都ハンナリーズは2日、マシュー・ライトと2022−23シーズンの選手契約が基本合意に達したと発表した。背番号は「7」で、アジア特別枠での登録になるという。

 カナダとフィリピンの国籍を持つ同選手は、193センチ86キロのガード。2014年にフランスでプロデビューし、マレーシアでのプレーを経て2016−17シーズン途中にフィリピンのフェニックス・フュエルマスターズへ入団した。

 直近のシーズンでは10試合に出場し、平均15.0得点5.9アシスト5.1リバウンドという成績を記録。また、フィリピン代表としても活躍しており、2019FIBAバスケットボールワールドカップ・アジア地区予選などに出場した経験を持っている。

 同選手は加入に際し、以下のとおりコメントしている。

「新しい旅を始めることができることにエキサイトしていますし、ロイ・ラナコーチに再会出来ることも楽しみです。

 このチームが次のレベルにいく手助けをして、勝利の文化を築きあげていきたいと思います。
 
 皆様のサポートに感謝しますし、試合会場でお会いできる事を楽しみにしています」