クリーブランド・キャバリアーズは4日(現地時間3日、日付は以下同)、トレードでドノバン・ミッチェルを獲得したと発表した。

 このトレードでキャブズはコリン・セクストン、ラウリ・マルカネン、オチャイ・アバジ、2025・2027・2029年の1巡目指名権、2026・2028年の指名交換権をユタ・ジャズへ送り、引き換えにミッチェルを獲得した。

 現在25歳のミッチェルは、185センチ98キロのシューティングガード。2017年のNBAドラフトでデンバー・ナゲッツから1巡目全体13位指名を受けるも直後にジャズへトレードされ、ジャズと4年契約を結んだ。

 ルーキーイヤーは71試合の先発を含む79試合に出場。1試合平均33.4分20.5得点3.7リバウンド3.7アシストという成績を残し、オールルーキーファーストチームへ選出された。

 2年目以降も主力として活躍し、2020・2021・2022と3年連続でオールスターゲームへ選出(2022年はケガのため辞退)。昨シーズンは67試合で同33.8分25.9得点4.2リバウンド5.3アシストをマークした。

 キャブズのバスケットボール運営部門代表を務めるコビー・アルトマン氏は発表に際し、以下のとおりコメントしている。

「ドノバンの獲得はNBAでも有数のダイナミックな若きオールスターを加える素晴らしい機会です」

「25歳にしてすでに実績のあるドノバンは、このチームに合う競争心をもたらしてくれます。得点能力、チームメートのためにプレーをつくる能力で、ドノバンほどの選手がキャブズにもたらす影響をうれしく思っています。私たちはドノバンと彼の家族を歓迎します」