秋田ノーザンハピネッツは5日、古川孝敏が2022−23シーズンのキャプテンに就任したと発表した。

 兵庫県出身で現在34歳の同選手は、190センチ92キロのシューティングガード兼スモールフォワード。2010年に東海大学からアイシンシーホース(現シーホース三河)へ加入し、栃木ブレックス(現宇都宮ブレックス)、琉球ゴールデンキングスを経て2019年に秋田へ入団した。

 在籍3年目の昨シーズンは51試合に出場。1試合平均11.0得点2.0リバウンド1.9アシスト、3ポイントシュート成功率36.6パーセントを記録し、チーム史上初のチャンピオンシップ進出へ大きく貢献した。

 古川はキャプテン就任に際し、「今シーズンはこのメンバーで力を合わせ、日々成長し続け、全力で目標に向け戦っていきたいと思います」と意気込みを語っている。

 なお、副キャプテンは中山拓哉、オフコートキャプテンは多田武史が務めるという。