広島ドラゴンフライズは6日、2022−23シーズンのゲームキャプテンに寺嶋良が、チームキャプテンに辻直人が就任すると発表した。

 東京都出身で現在24歳の寺嶋は、175センチ77キロのポイントガード。2019年に東海大学から京都ハンナリーズへ入団し、2021年に広島へ移籍した。在籍初年度の昨シーズンは、56試合の出場で平均12.6得点4.1アシスト、3ポイントシュート成功率45.4パーセントを記録した。

 大阪府出身で現在32歳の辻は、185センチ82キロのシューティングガード。2012年に青山学院大学から川崎ブレイブサンダースへ加入し、2021年に広島へ入団。昨シーズンは54試合で同10.1得点4.1アシスト、3ポイントシュート成功率35.7パーセントを挙げた。

 両選手は就任に際しコメントを発表。寺嶋は、ゲームキャプテンとして、どんな戦況でもチームをいい方向に引っ張っていけるように努めていきたいと思います」、辻は「長いシーズン、山あり谷ありはあるかと思いますが、選手、コーチ、スタッフとしっかりとコミュニケーションを取りながら、目標達成に向けて常にチーム全体のベクトルを合わせられるようにしていきます」と意気込みを語った。