9月7日(現地時間6日)。フリーエージェント(FA)のモントレズ・ハレルが、フィラデルフィア・セブンティシクサーズと2年520万ドル(約7億4360万円)で契約を結んだと『ESPN』が報じた。

 これはハレルの代理人を務めるデリック・パウエルが同メディアへ伝えたもので、2年目の2023−24シーズンはプレーヤーオプションになるという。

 201センチ108キロのハレルは、攻防両面でエネルギッシュなプレーを見せる28歳のベテラン。キャリア7年目となった昨季はワシントン・ウィザーズとシャーロット・ホーネッツでプレーし、計71試合(うち先発は3試合)の出場で平均23.1分13.1得点6.1リバウンド2.0アシストにフィールドゴール成功率64.5パーセントをマーク。

 今季はジョエル・エンビードのバックアップとして、ディアンソニー・メルトンやマティース・サイブル、ダヌエル・ハウスJr.らと共にセカンドユニットとしてプレーする見込み。

 なお、ハレルにとってジェームズ・ハーデンはヒューストン・ロケッツ、トバイアス・ハリスはロサンゼルス・クリッパーズ時代のチームメート。現在シクサーズで指揮官を務めるドック・リバースHC(ヘッドコーチ)、サム・カセールAC(アシスタントコーチ)の下、クリッパーズでプレーした19−20シーズンには平均18.6得点7.1リバウンド1.7アシスト1.1ブロックにフィールドゴール成功率58.0パーセントを残して最優秀シックスマン賞に選ばれている。