9月7日(現地時間6日)。世界中から絶大な支持を集める『NBA 2K』の最新作「NBA 2K23」のプレーヤーレーティングが公開された。

 この日公開されたトップ11選手は下記のとおり。
※以降チーム名は略称

◆NBA 2K23 トップレーティング11選手

1位.ヤニス・アデトクンボ(バックス):97
2位.レブロン・ジェームズ(レイカーズ):96
―.ステフィン・カリー(ウォリアーズ):96
―.ケビン・デュラント(ネッツ):96
―.ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ):96
―.ジョエル・エンビード(シクサーズ):96
7位.ルカ・ドンチッチ(マーベリックス):95
8位.カワイ・レナード(クリッパーズ):94
9位.ジャ・モラント(グリズリーズ):93
―.ジェイソン・テイタム(セルティックス):93
―.ジミー・バトラー(ヒート):93

◆3ポイントは歴代最高シューターのカリーが無双、ダンクはモラントとザイオンが最高評価

 ビッグネームが並ぶなか、4シーズン連続でオールNBAファーストチーム、オールディフェンシブファーストチームに名を連ねているアデトクンボがトップに。

 続いてレブロン、カリー、デュラント、ヨキッチ、エンビードが96で並び、ドンチッチが95、レナードが94となり、モラントとテイタム、バトラーがそれぞれ93となった。

 また、3ポイントではカリーが99で文句なしの1位。この評価には異論なしだろうが、2位はチームメートのクレイ・トンプソン、グリズリーズのデズモンド・ベイン、デュラント、クリッパーズのルーク・ケナードが並んでいるものの、数値は88と大差がついた。

 なお、ダンクではモラントとザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)が97でトップタイ。アンソニー・エドワーズ(ウルブズ)、ザック・ラビーン(ブルズ)、アーロン・ゴードン(ナゲッツ)がそれぞれ95となっている。

 ルーキーのレーティングではパオロ・バンケロ(マジック)とジャバリ・スミスJr.(ロケッツ)が78でトップタイ。続いてチェット・ホルムグレン(サンダー)が77、キーガン・マレー(キングス)とジェイデン・アイビー(ピストンズ)が76と、今年のドラフトトップ5指名が上位を占めることとなった。

【動画】最新作「NBA 2K23」の動画第一弾はこちら!