9月10日、ヨーロッパ地域の24カ国が参加している「FIBAユーロバスケット2022」のトーナメントステージが開催され、計4試合が行われた。

 ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)率いる前回王者のスロベニアは、ベルギー代表と対戦。前半は互角の戦いが続き、第2クォーターの終わり際にゴラン・ドラギッチ(シカゴ・ブルズ)がレイアップを沈め、44−41とスロベニアが3点をリードして試合を折り返す。

 第3クォーターは19−19と点差は変わらず、試合が傾いたのは最終クォーター。ドンチッチがレイアップやフリースローで得点を重ねると、ドラギッチと共にアシストを量産し残り2分半で16点のリードに成功。そのまま主導権を譲らず、最終スコア88−72でベスト8進出を果たした。

 スペイン代表はリトアニア代表と激突した。63−68と5点ビハインドで第4クォーターを迎えたスペインは終盤に追いつき、残り1分半で80−78と逆転。しかし2点をリードしていた残り2秒でリトアニアに同点弾をねじ込まれ、延長戦に突入する。

 オーバータイムでも激戦が繰り広げられ、残り1分を切っても1ポゼッション差と固唾をのむ展開に。残り30秒を切ると、スペインはフリースローとレイアップで一気に4点を奪い、そのまま逆転を許さず最終スコア102−94で勝利を収めている。

 10日の試合結果は以下のとおり。

■9月10日 試合結果
トルコ 86−87 フランス
スロベニア 88−72 ベルギー
ドイツ 85−79 モンテネグロ
スペイン 102−94 リトアニア

【動画】スロベニアがベルギーを下しベスト8進出!