熊本ヴォルターズは10日、本村亮輔が2022−23シーズンのキャプテンに就任したと発表した。


 佐賀県出身で現在25歳の本村は、185センチ92キロのシューティングガード。2018年に日本大学から熊本へ入団し、昨シーズンは48試合の出場で210得点(平均4.4得点)142リバウンド(同3.0リバウンド)63アシスト(同1.3アシスト)をマークした。

 本村は就任に際し、自身のSNSで「特別指定から入団し、今シーズンからキャプテンを任せて頂きましたので、全力でチームを引っ張っていけるよう頑張ります! 熱い応援よろしくお願いします!」と意気込みを語った。

 なお、副キャプテンはともに新加入の谷口光貴と田渡凌が務める。