青森ワッツは13日、アレックス・デイビスが2022−23シーズンのキャプテンに就任したと発表した。

 アメリカ出身で現在30歳の同選手は、206センチ95キロのパワーフォワード。2015年にNBADリーグ(現Gリーグ)のクラブへ加入し、チェコやギリシャなどを経て2020年に秋田ノーザンハピネッツへ入団した。

 在籍2年目の昨シーズンは、53試合の出場で551得点(平均10.4得点)385リバウンド(同7.3リバウンド)81ブロック(同1.5ブロック)を記録。2シーズン連続でブロック王を受賞したが、シーズン終了後契約を解除し、8月に青森へ加入していた。

 デイビスは就任に際し、以下のとおりコメントしている。

「チームメートとコーチ陣からゲームキャプテンを任されて、光栄に思っています。

 ゲームキャプテンになるのは新たな挑戦ですが、青森ワッツに貢献できるようにベストを尽くします。チームを勝利に導けるように頑張ります。今シーズン、楽しみにしています」