9月17日、アースフレンズ東京Zは2022−23シーズンの選手契約を締結していたルブライアン・ナッシュと、双方合意のうえで契約解除に至ったと発表した。

 アメリカ出身で現在30歳のナッシュは、201センチ107キロのスモールフォワード。2015年に福島ファイヤーボンズへ入団し、その後NBAGリーグや韓国などを経て2018年に東京八王子ビートレインズへ加入した。

 八王子退団後アルゼンチンやイスラエルでプレーしたのち、2020年に仙台89ERSへ入団。31試合の出場で604得点(平均19.5得点)199リバウンド(同6.4リバウンド)102アシスト(同3.3アシスト)を挙げたが、シーズン終盤に右アキレス腱を断裂したため、帰国して治療に専念していた。

 同選手は9月12日に来日し、待機期間終了後にメディカルチェックを受けたが、契約を継続することができない結果となったため、契約解除することとなった。