9月18日、前橋育英高校(群馬県)で「U18日清食品トップリーグ2022(男子)」が開催。中部大学第一高校(愛知県)が正智深谷高校(埼玉県)と対戦した。

 中部大第一は19−18と接戦で第1クォーターを終えると、続く第2クォーターでは下山瑛司の速攻レイアップなどで点差を広げていき、45−33と2ケタリードで試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターでは試合の流れが正智深谷に傾き、70−62と点差を詰められる。それでも、第4クォーターでは、再び中部大第一が突き放し、93−75で勝利を飾った。

 2勝1敗とした中部大第一は、下山が21得点10リバウンド6アシスト3スティール、坂本康成が21得点5リバウンド5アシスト、トゥレ サリウが18得点12リバウンド、小澤飛悠が16得点10リバウンドをマーク。

 一方の正智深谷は、田中祥智が20得点8リバウンド、三村蓮とグビノグン デロックが13得点、樋口碧空と菊田隼利が12得点を挙げるも、3連敗を喫した。

■試合結果
正智深谷高校(埼玉県) 75−93 中部大学第一高校(愛知県)
正智深谷|18|15|29|13|=75
中部大第一|19|26|25|23|=93

【動画】中部大第一の下山瑛司が決めた目にも留まらぬ速攻レイアップ!