9月20日(現地時間19日、日付は以下同)。ボストン・セルティックスはホームのTDガーデンのコート(寄せ木細工の床)にあるペイントエリア部分に大きく6をペイントした。

「チームはビル・ラッセルがペイントで支配的なプレーをしてきたことに敬意を表するため、背番号6を両方の(フリースロー)レーンへペイントしました」とチーム側から発表があったとおり、8月1日に他界したレジェンドへのリスペクトとなる。

 NBAは8月12日にラッセルが現役時代に着用した背番号6をNBA全30チームで永久欠番にすることを発表しており、2022−23シーズンですべての選手たちが右肩へ記念パッチをつけ、コートではスコアラーテーブル近くにあるサイドラインへラッセルの背番号6番の入ったクローバーのロゴが表示されることになる。

 チーム一筋13シーズンで11度のNBAチャンピオンとなったラッセルに対し、今季セルティックスは10月19日のレギュラーシーズン初戦(対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、2月12日の誕生日を含めて、このほかにも彼のことを称えることになっており、それらの試合ではラッセルをテーマにした特別仕様のユニフォームを着用する予定。

 昨季ファイナルへ進出したセルティックスには、ジェイソン・テイタムやジェイレン・ブラウン、マーカス・スマート、アル・ホーフォード、ロバート・ウィリアムズ三世、マルコム・ブログドン、デリック・ホワイトといった実力者が多数おり、もし今季球団史上18度目のNBAチャンピオンの座を勝ち取ることができれば、ラッセルへ捧げることができる最高のプレゼントとなるはずだ。