バンビシャス奈良は19日、玉井健介が2021−22シーズンをもって現役を引退すると発表した。

 地元・奈良県出身で現在25歳の同選手は、180センチ79キロのシューティングガードで、2018−19シーズン途中に東海大学九州から特別指定選手として奈良へ入団した。

 昨シーズンは34試合に出場し、平均2.3得点0.4アシストを記録。シーズン終了後契約満了のため自由交渉選手リストへ公示されていた。

 同選手は発表に際し、以下のとおりコメントしている。

「この度、玉井健介は3年2カ月という短いキャリアではありましたが、引退することを決断いたしました。

 バンビシャス奈良には、チームの初めての特別指定選手として入団させていただき、これ以上ない経験をさせていただきました。選手として難しい時期もありましたが、そんな時期を乗り越えることができたのも、応援してくださる皆さん、支えてくださった関係者の皆さんのおかげだったと、今とても感謝しています。

 これからの長い人生、バスケットボールから離れ、厳しい社会に揉まれながら歩んでいきたいと思います。これまで応援していただいたブースター、パートナー企業、ボランティア、フロントスタッフの皆さん、そしていつも近くで支えてくださったチームメート、家族には感謝してもしきれません。

 本当にありがとうございました」