名古屋ダイヤモンドドルフィンズは1日、レイ・パークスジュニアが「FIBA バスケットボールワールドカップ 2023 アジア地区予選 Window5」に臨むフィリピン代表へ選出されたと発表した。

 現在29歳の同選手は、193センチ93キロのシューティングガード。2021年に名古屋Dへ加入し、今シーズンは9試合の出場で平均9.1得点2.4リバウンド1.4アシスト、3ポイントシュート成功率34.8パーセントを記録していた。

 同代表は11日にヨルダン代表と、14日にサウジアラビア代表と対戦する。