11月4日、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」Window5の直前合宿に参加している吉井裕鷹(アルバルク東京)が記者会見を行った。

 合宿は11月1日から7日にかけて味の素ナショナルトレーニングセンターで実施。アウェーで行われる今回のWindows5では、11日のバーレーン戦、14日のカザフスタン戦に臨む。

 吉井は会見冒頭で「準備期間が短いなかでやっていかなければいけないので、どれだけチームとして完成できるかを意識しながら、絶対勝ちたいと思います」と意気込みを語った。

 また、「チームのベースになる部分は固まっている」と話す吉井だが、「各選手が所属チームに戻って、そのバスケに体を慣らしていたので、僕自身も含めて皆さん忘れている部分や、まだ噛み合っていない部分はあります」と現在のチーム状況について語った。

 トム・ホーバスヘッドコーチは同日の会見で、「代表合宿の最終日には自分のチームに戻っても代表での役割を忘れないでと話している」と語った。しかし、A東京との自身の役割の違いについて「ほぼすべてが違う」と語った吉井は、代表での役割を意識しつつ、Bリーグでのシーズンに臨むことの難しさを語った。

「オープンになったらシュートを打つというのは意識している部分もありますけど、A東京のシステムがあり、コーチ陣がやってほしいことが必ずあります。自分はそれを体に染み込ませることに時間がかかっているので、正直(代表での役割を)意識して取り組む余力はなかったです。結果的にプレータイムを取れていないので悔しさはありますけど、しっかりと我慢して特別なことをせずに、言われていることをやり続ける力を身につけていきたいです」

 それでも、ホーバスHCは数人の選手名を出しつつ「吉井も調子がいいから楽しみ」と語っており、24歳の若手フォワードに期待を寄せている。「トムさんがそう思ってくれているならありがたいですし、期待に応えたいです」。

 さらに、吉井は「シュートファーストで狙っていけば、マッチアップする選手が近づいて、ドライブも狙えるとトムさんに言っていただけたので、そこをもっと意識してやっていきたい。バックカットやリバウンドなど、小さなことでもチームに貢献していきたいです」と力強く語り、敵地でのWindow5に向けて気合は充分なようだ。