11月4日、「FIBAバスケットボールワールドカップ2023 アジア地区予選」Window5の直前合宿に参加している井上宗一郎(サンロッカーズ渋谷)が記者会見を行った。

 合宿は11月1日から7日にかけて味の素ナショナルトレーニングセンターで実施。アウェーで行われる今回のWindows5では、11日のバーレーン戦、14日のカザフスタン戦に臨む。

 井上は会見冒頭で、「バーレーンとは初対戦なので、しっかりスカウティングして、白星を挙げられるようにしたいです。カザフスタンとはすでに試合をしているので、そのときにうまくいかなかった部分を反省して、同じ轍を踏まないように課題を解決して臨みたいと思います」と冷静に意気込みを語った。

 同日に会見を行なったトム・ホーバスヘッドコーチは、201センチの井上をパワーフォワードだけではなく、センターとしても起用するとコメント。「これまではマッチアップする相手が自分より大きいと困っていたのですが、最近はチームでも外国籍選手と練習できているので、その経験を活かしたいです」と話す井上は、「SR渋谷ではライアン・ケリーという素晴らしい選手と練習しているので、ディフェンスで結果を残したい」と力強く語った。

 ホーバスHCはバーレーンの203センチのパワーフォワードであるデヴォン・ドウェイン・チズムを警戒する選手として挙げたが、「僕らのチームは周りが助けてくれるディフェンスのスタイルなので、自分がマッチアップしてないときでも、ヘルプにいくことが大事です。一人で守ると気負わずにチームで守りたいと思います」と自身の考えを明かした。

 また、代表招集メンバーから比江島慎(宇都宮ブレックス)と西田優大(シーホース三河)がコンディション不良で離脱したことにより、急遽追加招集されたベンドラメ礼生(SR渋谷)については「心配ない」と明言した。「早く代表に慣れるように、チーム全員が礼生さんとコミュニケーションを多く取っています。礼生さん自身も分からないことがあったらどんどん聞いてくれるので全然心配ないと思います」。

 得点源であったウイング陣の離脱により、オフェンス面について不安視されているが、井上は「チーム全体で3ポイントの本数やトランジションの攻撃の回数を増やして、それを決めていかないといけないです。僕自身も3ポイントを5本、6本と決めていきたいですし、オフェンスリバウンドにも絡んで攻撃回数を増やしたいなと思います」と明確に自身の目標を語った。