シーホース三河は16日、カイル・オクインと双方合意のもと契約を解除したと発表した。契約条項に離反する事項があったためという。

 アメリカ出身で現在32歳の同選手は、208センチ113キロのパワーフォワード兼センターで、2012年のNBAドラフトでオーランド・マジックから2巡目全体49位指名を受けて入団。マジックで3シーズンプレーしたのち、ニューヨーク・ニックス、インディアナ・ペイサーズ、フィラデルフィア・セブンティーシクサーズと渡り歩き、NBA通算472試合に出場した。

 2021年からはNBAを離れ、トルコとフランスのクラブでプレー。2022年に三河へ入団し、今シーズン9試合の出場で平均13.9得点8.6リバウンド3.1アシストを記録していた。