■秋田ノーザンハピネッツ vs 三遠ネオフェニックス(@CNAアリーナ☆あきた)
GAME1:11月19日18時5分 GAME2:11月20日14時5分

 秋田ノーザンハピネッツは前節群馬クレインサンダーズと対戦。ケレム・カンターを欠きながらも94−88で破り、連敗を「4」で止めた。スタントン・キッドの25得点を筆頭に、田口成浩や長谷川暢ら5人が2ケタ得点を挙げ、チームで12本の3ポイントシュートを沈めた。
 
 対する三遠ネオフェニックスは、6勝3敗で中地区首位に立っている。1試合平均85.4得点と攻撃の好調ぶりがうかがえる中、目下3連勝中のリーグ戦では平均70失点とディフェンスが安定。92−71で勝利した前節のシーホース三河戦では、10本の3ポイントシュートを決めた一方、堅守でターンオーバーを誘発し、攻防両面で相手を上回った。

 両チームは3ポイントシュートの成功率が高く、秋田が37.4パーセントでリーグ3位、三遠は37.3パーセントで同4位に立っている。また、1試合あたりの成功本数は秋田が9.9本、三遠が9.8本とほぼ互角だ。

 上記のデータのとおり両チームは3ポイントシュートを長所としているため、今節は互いの長所を封じるためにもディフェンスがカギとなるだろう。秋田は古川孝敏、三遠は金丸晃輔と3ポイントシュートの名手が揃っているほか、キッドとヤンテ・メイテンの外国籍スコアラーが好調をキープしている。そのため、随所で激しい攻防が繰り広げられそうだ。

 文=大橋裕之

■ロスター
・秋田(HC代行:ケビン・ブラスウェル)
スティーブ・ザック
王偉嘉
大浦颯太
田口成浩
スタントン・キッド
ケレム・カンター
川嶋勇人
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
多田武史
保岡龍斗
古川孝敏

・三遠(HC:大野篤史)
サーディ・ラベナ
ヤンテ・メイテン
アイゼイア・ヒックス
高橋快成 ※特別指定
太田敦也
金丸晃輔
根來新之助
半澤凌太
佐々木隆成
細川一輝
山内盛久
大宮宏正
カイル・コリンズワース
土屋アリスター時生