12月23日から29日の期間、東京体育館において、「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催される。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会(国体)とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであり、ウインターカップは高校最後の王座を争う大会でもある。そして、昨年9月からBリーグが始まったと言えども、高校最後の栄冠を争うこの大会が、国内で最も人気があるバスケットボールコンテンツと言っても過言ではない。バスケットボールキング編集部では今大会で注目すべきチームをピックアップした。
 
■(6)福岡大附属大濠高校(福岡県)

 準決勝は1ゴール差、決勝は1点差――。この夏、チーム力と勝利への強い意志を糧に、インターハイを制した福岡大学附属大濠高校が、万全を期して冬の王座を狙いに行く。

■「すべてはチームの勝利のため」。ひたむきな3年生が頂点を呼び込んだ
 そうそうたるメンバーを揃えながらトーナメント序盤で静かに姿を消した、ここ2年間の福大大濠。そんなもどかしさを味わい続けた今年の3年生たちは、キャプテンの永野聖汰を中心に、一念発起してチームの改革を進めた。”かっこよくてきれいなバスケ”という印象が強かったチームを、ルーズボールに跳び込み、ボックスアウトを徹底する”泥臭い集団”に作り替えたのだ。

 戦う姿勢を体中からほとばしらせ、表情さえも豊かになった。「今年の3年生は永野を除いて自己表現があまり得意ではないんですが、試合に勝つことで自信がついたのか、自信に満ちあふれた表情をしていました」。インターハイ優勝後、片峯聡太コーチは選手たちをこう評している。

 泥臭さは昨年度から福大大濠の大きなテーマだったが、昨年はそれを追求できなかった。片峯コーチは代表活動などで選手が欠ける時期が多く、フィロソフィーを浸透しきれなかった部分があったと認めた後、「その点、今年の3年生はいいか悪いかわからないですが、あまり代表に選ばれなかったので、ずっと大濠にいるんです」と冗談めかして続けた。

 「キャリアと実力のある中田(嵩基=2年)や横地(聖真=1年)というスパイスが入ってはきましたけれど、この夏チームが崩れなかったのは、3年生が、チームが本当に勝つために大事なことを考えて、3年間コツコツと頑張ってきたからこそ。この2年間はきつかったと思いますよ。1番になりたくて大濠に来たのに、全国大会に出たらすぐに負けて福岡に帰ってくることになりました。でも誰も逃げ出さずにやれました。それこそが、今年のチームにおける1番の強みだと思います」
 
 2年生ガードの中田が下級生らしからぬ求心力を発揮できたのも、準決勝の帝京長岡戦の大事な場面で1年生の横地にボールを託せたのも(横地はその期待に応え2度のブザービーターを沈めた)、すべてはチームの勝利のため。彼らに思い切りよくプレーさせた3年生たちの献身があってこその優勝だった。

■個の強化、トランジションオフェンス…冬に向けて指揮官が用意したもの
 チームはこの冬も当然、大会制覇を目指している。優勝となれば1993年以来24年ぶり、インターハイとの夏冬2冠はチーム史上初となる。快挙を達成するために、チームは何を高めてきたのか。片峯コーチは説明する。

 「ウインターカップはどのチームも抜け目のないチームを作ってきますから、もう1度、1対1の技術の徹底を図りました。また、インターハイはどちらかというと守り勝った印象でしたが、自分たちの得点が伸びなかったのも事実。トランジションの追求と徹底にも力を入れています」。

 1対1の強化に関連し、メンバー編成にも変化が生まれそうだ。インターハイは永野、中田、土家大輝(2年)という3人のガードのうち2人を同時に起用していたが、永野と中田が175センチ、土家が173センチとそれぞれサイズがないため、相手にミスマッチを突かれることもあった。片峯コーチはここへの対抗策として、ガードを1枚とし、かわりに川島聖那(3年)や浅井修伍(2年)といったフォワードを1枚加えるというアイディアを持っている。

 「ただでさえ、留学生のいるチームと戦う時は5番ポジション(センター)がややミスマッチになってしまいます。それ以外のポジションでうちがいかにサイズとフィジカルで優っていけるかがウインターカップでは大事になるのかなと。とはいえ、2ガードの機動力と中外のバランスの良さもうちの持ち味なので、使い方は練習試合などで煮詰めているところです」(片峯コーチ)。

■勝利におごることなく成長し続けた選手たち。見据えるのは「夏冬二冠」のみ
 永野はインターハイ後の選手たちの成長をこう見ている。

 「全体的にみんな伸びていますが、特に井上(宗一郎)はインターハイからはるかに伸びています。フォワード陣も全体的に攻め気が増していますし、ガード陣もシュートの確率が上がっています。練習後のシューティングも、誰も休むことなく時間ギリギリまでやっていますし、その雰囲気が練習や試合にも出ているのかなと思います」。

 インターハイの王者に一切の慢心はない。永野は「インターハイ王者になったプライドを忘れず、まだとったことのない夏と冬の二冠を絶対に獲り”たいと思っています”」と抱負を語る。その直後、少し揶揄を込めて「絶対に二冠を獲れると思いますか?」と質問を重ねると、永野は即座に、そして力強く「獲れ”ます”」と語尾を訂正した。

文・写真=青木美帆