■群馬クレインサンダーズ vs 大阪エヴェッサ(@太田市運動公園市民体育館)
GAME1:11月26日15時5分 GAME2:11月27日15時5分

 群馬クレインサンダーズは前節新潟アルビレックスBBに連勝し、東地区首位の千葉ジェッツと勝率で並んだ。

 2戦とも新潟のディフェンスを突き、特に第1戦は八村阿蓮が18得点、菅原暉が9アシストと若手が躍動。後半に59得点を叩き出すなどして今シーズン2度目、延長戦を除くと初の100点ゲームとなった。移籍後初めてスターターに名を連ねた並里成も第2戦で20得点10アシスト。アキ・チェンバース欠場の穴を感じさせない層の厚さを見せつけた。

 大阪エヴェッサは前節、富山グラウジーズと対戦した。第1戦は前半にリードを奪いながら後半に56失点を喫して黒星となったが、第2戦では橋本拓哉と竹内譲次が2ケタ得点をマーク。ロースコアの展開となるも集中力を発揮し、3点差で制した。ここまで挙げた4勝はいずれも70失点未満に抑えており、得点が伸び悩む試合が多い中で勝ちパターンが徐々に見えてきた。

 群馬はここまでオフェンス力で白星を伸ばしている一方で、失点が多い試合も散見される。大阪は前節第1戦で28アシスト、69得点止まりだった第2戦も27アシストとパスはよく回っており、1試合平均アシスト数は現在リーグ5位。ロースコアゲームに持ちこみたい大阪としても、群馬のディフェンスの隙は積極的に突きたい。

 文=吉川哲彦

■ロスター
・群馬(HC:水野宏太)
マイケル・パーカー
トレイ・ジョーンズ
五十嵐圭
八村阿蓮
野本建吾
菅原暉
アキ・チェンバース
並里成
ケーレブ・ターズースキー
山崎稜
ジャスティン・キーナン

・大阪(HC:マティアス・フィッシャー)
エリエット・ドンリー
井手拓実
星野零志
橋本拓哉
竹内譲次
合田怜
カイル・ハント
ディージェイ・ニュービル
木下誠
アイラ・ブラウン
鈴木達也
ショーン・オマラ